HOME > 家づくりブログ > エコリフォーム > 夏休みとリビングに必要なものとは?

夏休みとリビングに必要なものとは?

● 夏休みとリビングに必要なものとは?

こんにちは、酒井です。

子供たちと一緒に夏休みを満喫しています(^^)

夏休みは、親戚が来てお墓参りをするのが、
酒井家の定番行事です。

わが家のお墓参りは、父と母のお墓と
父方と母方のご先祖様のところと、
そして、奥さんの実家に行きます。

毎年この時期に会う親戚もいるので、
親戚に会って話をするのも貴重な時間です。

1年に1度しか会ってなくても、
親戚で集まると、すぐに和んでしまうのは、
いつもすごいなと関心してしまいます。

もちろんビールも進みます(^^)

で、お墓参りが終わるとわが家は
本格的な夏休みになります。

今年は、テントを持ってキャンプに行って来ました。

先週は、台風の影響で雨まじりで
少し肌寒く感じましたが、
炭をおこして暖まりながらのBBQも
美味しかったです。


さて、わが家の実家のリフォーム話の続きです。

夏休みまでにリフォームが終わっていたので、
親戚が集まってワイワイ盛り上がることが出来ました。

私には姉と妹がいるのですが、その子供たちが
全員集まるとすごいことになります。

一緒に御飯を食べると分かりますが、
かなり広いスペースが必要です。

なので、今回のリフォームは、
大人と子供で10人ほどが
一度に集まって食事できるスペースをつくることが、
大きな目的の1つでした。

みんなで食べるご飯は美味しいですから。

それに、子供たちが大きくなったら
集まれるかどうか分からないし、
今しかできないことなので、
集まれるようにしたかったのです。

リフォームでは、現在住んでいるところを
ポイントをしぼって良くすることでもあります。

今回の、わが家のリフォームの大きな目的は、

「リビングの居心地を良くして、
家族みんなで一緒に楽しめること」です。

ビジョンというかテーマがないと、
リフォームする意味がありません。

今回は、リビングをリフォームすることになったので、
みんなが快適に居心地のいいという状態は何か?
を、いろいろ考えて設計しました。

最初にご紹介するのは、テーブルです。

ただのテーブルではありません。

わが家のリビングは、座って寛げる座卓タイプの
「家具調コタツ」を夏も使っています。

みんなで座って食べれる大きなテーブルが欲しかったのです。

それに、冬も暖かいテーブルが、、、

ということで、前から考えていたのは「堀コタツ」です。

テーブルの下が、繰り抜かれていて、
足を伸ばせるタイプです。

冬は、コタツとして使えて、夏はテーブルとして使えます。

わが家で採用した堀コタツは、
タタミ1枚分の大きさのタイプです。

堀コタツとしては、既成品の中では1番大きなタイプです。

オリジナルでも作れるのですが、今回は既成品を使って
体感してみることにしました。

素材はケヤキです。

色もデザインもうまくまとまっています。

モダン和風タイプで質感を持たせながら、
足元が6面ヒーターになっている新しいタイプの堀コタツです。

「6面」ですからヒーターも進化しています。

天板と底板、そして、側板すべてに
ヒーターが内蔵されています。

どれだけ暖かいのでしょう?

冬が楽しみになるのですが、
試しに暖房を入れてみました。

とにかく、足元が全体的にじんわりあったかいです。

包み込まれるような感覚です。

それに、配線は床下に入っているので、
邪魔になりません。

ワイヤレスのリモコンが付属してて、
細かな微調節ができるのもいいですね。

大きさと、暖かさ、デザインを兼ね備えた
いい製品です。

通販のような商品説明になってしまうので、
ここではお伝えしませんが、
ご興味のある方はご連絡下さい。

製品名や価格、リフォームについての
ポイントをご紹介します。

あと、もっと暖かさを感じるためには、
体感温度を上げることです。

体感温度を上げるには、
足元だけでは暖かさが半減してしまいます。

足と一緒におしりと太ももの部分を暖かくするのがポイントです。

床を暖めるものと言えば、床暖房です。

今回はフィルム式の床暖房を採用しました。

床暖房にもいろんな種類があります。

ただ暖めるタイプと暖まりすぎないタイプがあるのですが、
話が長くなってしまったので続きは次回にしますね。

  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ