HOME > 家づくりブログ > あったかいおうち > 暖房がない朝の温度

暖房がない朝の温度

こんにちは、酒井です。

今朝は裏磐梯体感ハウスで目覚めました。

寝室はほとんど音がない静かな状態の中、
眠りにつきました。

冬の時期で外はマイナス3度ですが、
室内はというと15.9度ありました。

暖房がなくても15〜16度あるのですから、
寒くはありません。

無暖房の部屋の温度が12度を下回ると
健康に影響が出るといわれていますから
外が氷点下の寒さでも最低室温はクリアしていますね。

体感ハウスでは、東西南北の4方向に室内と壁内の温度が
見えるように温度計を設置しています。

寝るときは何度あるんだろう?

暖房していない起きた時は何度だろう?

というようにいつでも温度と湿度が確認できます。

壁の中が見れるのは、外断熱の特徴の一つです。

壁の中の空間、基礎の空間もすべて
断熱材で覆われているからできることです。

これから薪ストーブに火を入れます。

ではまた!

 

  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ