HOME > 家づくりブログ > 2014 > 1月

1400万円欲しいですか?

こんにちは、酒井です。


家づくりで最も大切なのは、
家族のチームワークです。


おとうさん、おかあさん、
子供たち、


そして、おじいちゃん、おばあちゃんが
同居するときは、ちゃんと話をすることです。


とくに、両親と同居するとはじめから分かっていて、
家づくりの話を進めると、
たいていやっかいなことになります。


誰がお金を払うのかとか、
息子に任せているからといいつつも
細かくチェックしてしまったりとか、
何かと面倒ですが、
ここを避けていると全てがうまくいきません。


一度は話し合っておく必要があります。


さて、今回の話は、住宅ローンについて。


以前、あるご夫婦から
ご相談を受けた時のお話です。


34歳夫婦、2人の子供さんがいらっしゃる
Aさんご家族です。


相談を受けた中身はというと、


「子育ての時に一戸建てに住みたい。
家づくりについての研究を重ね、
土地の候補地も見つけた。


毎月の返済する資金についても、
納得しているのですが、将来が不安です。


資金計画については、いろいろな会社の方が
資料をくれるのですが、将来のことは不安のままです。


そのようなことをご相談するのは
あつかましいと思いますが、
アドバイスいただけると嬉しいです。」

Aさんは、家賃6万円の賃貸に在住です。


その家賃分を毎月の返済額にし、
ボーナスは20万円以内に。
自己資金は500万円。
120万は手元に残すことを希望。


候補地は、750万で諸経費を含めると
800万円でした。


私の奥さんは元○○○○ハウスの設計部にいたので
よく分かるのですが、
建物は35坪、2300万。消費税5%で120万。
諸費用130万、そして、土地800万で
合計3350万。


自己資金は希望の500万円。
すると借り入れは2850万円となります。


35年返済すると、毎月6万円7千円。
ボーナス払いで16万円になりました。


返済が終了するのは69歳でした。

一方、Aさんはもう一つの他の会社でも
検討していました。


その工務店は私も知っている地元の工務店さんで、
くらべてみるようオススメしました。


建物は38坪、1500万円。消費税5%で75万円。
諸費用120万円、土地は同じ800万円の合計で
合計2450万円。


借り入れは、2000万円。25年返済すると
毎月6万5千円、ボーナス払いで年11万円でした。


結論から言うと、この時Aさんは、
私のアドバイスを参考にして、
工務店で建築しました。


「酒井さん、本当に工務店を勧めたの?」
と言われたのですが、本当です。


それでは、なぜ勧めたのでしょうか?


それは、Aさんの借入額が、土地物件からすると
多すぎてとてもバランスが悪かったからです。


Aさんには、2つの選択肢がありました。


その選択肢というのは、35年後に1400万円を
持っているか、それとも全くないかというものでした。


この現実に直面した時、私は工務店さんを
お勧めすることにしました。


なぜ1400万円も違ってしまうのでしょう?


1400万円を持っていたい方は、
続きをお楽しみに。


■最高にいい家づくり!無料プレゼント

クリックして御覧ください

>>家族会議チェックシート:
http://www.sa-design.com/ie/family-meeting.html

>>最高にいい家づくりワークブック:
http://www.sa-design.com/ie/workbook.html

>>いい土地選びの10のポイント:
http://www.sa-design.com/ie/tochi.html


他にもアップしていきますので、
お楽しみに!

現場と職人

私は毎日家づくりをしてるのですが、現場は職人さんがいて、賑わってて楽しいです。

家づくりをしているときは、お客さんも現場に足を運ぶといいです。

大工さんと話をすると、また、楽しくなります。

大工さんと気軽に話せない現場はやばいです。

いい家づくりでは、職人の技とチームワークが必要になるからです。

コミュニケーションが取れない大工さんは、一人の技術はあるかもしれないですが、チームでつくってないので、いい家になりません。

家づくりのタイミング

家づくりは、何を優先して建てるかで、まったく違った住まいになります。

「これだけは外せない!」というこだわりはありますか?

ないとしたら、まだ本当に建てるタイミングではないかもしれません。

または、絶対に建てたくないという家について話してみてください。

建てたくない家を考えると、不思議なもので建てたい家が見えて来ます。

これだけは外せないことなど、紙に書いて、紙の上で考えるようにしましょう。

借金のリスクを解消する方法とは?

借金のリスクを解消する方法とは?


こんにちは、酒井です。


今回のテーマは「借金のリスクを解消する方法とは?」です。


私のメルマガを読まれている方の多くは、
子育て世代のお父さんやお父さんだと思います。


子供を安心してノビノビとしてた環境で育てたいと
思われていることでしょう。


アパートやマンションではなくて、
土地の上に建つ一戸建ての家だと実現できるのですが、
ただ、一つ問題になるのは住宅ローンです。


現金一括で購入される方は、ほとんどいません。


子育て世代のお父さんやお母さんは、
20代から40代ということなので、
借金して住まいづくりをはじめられる方が
ほとんどだと思います。


そこで、「借金」というリスクがあるのですが、
そのリスクを解消する方法を知っていれば
対処することができるので怖くはありません。


そもそも、一番最初に住宅ローンの相談を
銀行に行ってはいけません。


銀行にとっては、住宅ローンの相談に来る方は
多額の利子を払ってもらえるお客さんです。


それに、銀行の担当さんにはノルマもあることでしょう。


借りる人にとって有利な住宅ローンの
説明をしてくれるのではなくて、
銀行にとって一番メリットのある商品から
説明してくれることでしょう。


なので、銀行に行くのではなくて
少し勉強することです。


それとハウスメーカーの営業に話してもダメです。


たくさん営業されます(笑)


まずは、住宅ローンについて
最低限のことについて知っておくと
いいんですね。


一つ目は、

「返済期間を短くしてリスクを解消する」

です。


返済期間が短いほうが金利も少なくてすみます。


が、毎月安心して返せる金額でないといけません。


月々の住宅ローンが、
ちょっと頑張ってしまう金額はダメです。


ゆったり返せる金額にしましょう。


不動産投資であれば、自己資金を少なくして
なるべく融資をしてもらう方がいいのですが、
一戸建ての住宅になると話は別です。


できるだけ金利が低くて、期間を短くします。


ロバートキヨサキさんの本で、
金持ち父さんでも出て来ますが、
住まいは、住宅ローンが終わるまでは「負債」です。


完済してしまえば、完全に自分のものです。


つまり「資産」になります。


どのようにすれば、リスクを少なくして
自分の資産になるのかを考えます。


返済期間を短くするということは、
金利が安くなると同時に、早く自分の資産になります。


返済期間をマックスの35年にするよりも、
返済期間を少し短くすることを考えてみましょう。


たとえば、20年とか25年、30年にするなど、
いろいろシュミレーションしてみるのです。


ネット上には無料で住宅ローンシュミレーションソフトが
あるのでやってみてください。


あくまでネット上でできる無料のサービスという認識で、
使ってくださいね。


融資手数料や保証料などは、とりあえず考えないで
あくまで、どのぐらいの金額になるかをチェックしてみます。


総額と期間、金利を入力して、
項目の中に融資手数料、保証料がある場合はゼロとして、
「計算する」をクリックします。


たとえば、

借入額 2500万

金利タイプは固定で金利 2.0%

返済方法は元利均等

返済期間 35年


と入力して計算結果が出てきます。

月々の返済額は、 82815円 となりました。


この金額は多いのでしょうか?


少ないのでしょうか?


あくまでシュミレーションなのですが、
総額はいくらになるかというと、

3478万です。


2500万を35年借りると3478万になるのです。


およそ1000万円を利子で
支払うことになるんですね。


小さい家が、もう1件建てれますね。


銀行やハウスメーカーでは、
月々の返済額は教えてくれますが、
総額については、教えてくれないことが多いです。


それは、なぜでしょう?


分かりましたね。


総額を見るとびっくりしてしまうかです。


ただ、今のうちにビックリしておけば大丈夫です。


あくまでそのためのシュミレーションなので、
安心してください。


なので、住宅ローンについての
月々の支払い金額の計算は自分でやりましょう。


自分でやってから、どのぐらいの金額になるか
聞いてみるといいです。


では、もう一度返済期間を短くしてやってみます。


借入額 2500万

金利タイプは固定で金利 2.0%

返済方法は元利均等

返済期間 30年


と入力して計算結果が出てきます。

月々の返済額は、 92404円 となりました。


支払い総額は、 3326万円 です。


35年の総額から30年の場合の総額を引いてみます。


すると、

3478万 ー 3326万 = 152万円 です。


わずか5年早めただけで150万円違います。


月々の返済額が若干増えるのですが、
150万円も違うとしたら、
期間のことはちゃんと考えておくべきです。


長くなってしまったので、
続きは次回にします。


ではまた!

1 / 41234

  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ