HOME > 家づくりブログ > 最高にいい家づくり講座 > いい土地選び10のポイント

いい土地選び10のポイント

● いい土地選び10のポイント


こんにちは、酒井利美です。


家づくりは一生のうちで
何度もあるものではありません。


はじめの1回目で望み通りの
ベストなものを建てたいものです。


そこで大切になってくるのは土地選びです。


快適な土地選び10のポイントを
ご紹介しましょう。


1 土地の将来性はどうか?


土地の近くに電車の駅が出来るなど、
これからどのような変化があるか
将来性を見ておきましょう。


2 環境はどうか?


土地の環境はどうですか?


車の通りが多いですか、
それとも少ないですか?


そこは住宅地ですか?


空気はどうですか?

まわりの建物の雰囲気はどうですか?


環境から受けるイメージはどうですか? 


3 土地の場所はどうか?


最寄りの駅や主要道路からのアクセスなど、
敷地からの移動が便利かどうかをチェックします。


また、周辺に学校や公園、
スーパーがあるかどうかも
確認したいところです。


4 敷地の広さ・カタチはどうか?


敷地の広さによって、
土地の価格が大きく異なるので、
家族が生活するために必要な大きさを、
あらかじめ決めておくと良いでしょう。


また、三角形や台形など変形している
敷地になるとカタチによっても
建築的に制限されてしまうことがあるので、
敷地の広さとカタチを確認しておきましょう。


5 敷地に高低差があるか?


敷地に高低差があるかどうかは、
大きなチェックポイントになります。


全面道路が急な坂道になっていたり、
道路から高いところに玄関が来ることになるなど、
全面道路と敷地とのアプローチや安全性にも
関わるところなので確認しておきましょう。


6 接している道路の状況はどうか?


敷地が道路とどのように接しているか
確認しておきましょう。


たとえば、南側だけ道路に接しているのか、
それとも、北側と南側の両方で接しているのか
ということになりますが、2方向の道路と
接している場合には、主要な道路は
どちらになるのかを確認します。


車がある場合には、駐車スペースを
確保しなければならないし、
道路から家までのアプローチは
どのようにするかによっても
敷地の使い方が変わって来るので
確認が必要です。


7 法的な規制はどうか?


最寄りの法務局に訪れ、
登記簿や測量図を確認します。


それから、建築的な制限があるかどうか
チェックしておきたいところです。


具体的には、建ペイ率や容積率、
そして、地区協定があるかもしれません。


敷地は広いのに建ペイ率や容積率が少なかったり、
高さが制限されていたり、敷地から外壁までの
後退距離が指定されているかもしれません。


また、敷地の近くが崖地になっているなど、
近くの管轄する役所で聞いてみると良いでしょう。


8 敷地周辺の自治会はどうか?


家を建てて新しい土地で生活を
営むことになるので、自治会のことも
大切なチェック項目になります。


新しく加わる自治会というコミュニティに
なじめるかどうか、または、相性もあるので、
話を聞いてみると良いでしょう。


また、前の敷地はどうだったかなど
歴史について聞いてみたり、
ゴミの収集場所なども聞いておきたいところです。


9 専門家に意見はどうか?


ご自身で調べきれないときには、
建築士などの専門家に敷地の状況について
相談されると良いでしょう。


地元のことをよく知っているので、
分からなかったことが、
すぐに解決する場合があります。


10 地盤はどうか?


地盤が軟弱であるかどうかも
確認しておきたいところです。


敷地の調査したデータがなければ、
地盤調査をしてもらうと良いでしょう。


地盤調査をして軟弱であった場合には、
建築コストにも関係する地盤改良工事や
基礎の形状にも影響します。


快適な土地選び10のポイントは
いかがだったでしょうか?


この土地いいなぁと思ったら
10のチェックポイントを
思い出してみて下さい。


  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ