HOME > 家づくりブログ > 最高にいい家づくり講座 > 失敗しない住宅資金計画

失敗しない住宅資金計画

● 失敗しない住宅資金計画


住宅資金とは、家を建てる、
または住宅を購入するための
お金のことをいいます。


その住宅資金の内訳は、
住宅の本体価格と諸費用を
含んだ金額です。

たとえば、住宅ローンで
考えた割合にすると、

住宅資金=80%程度(住宅ローンなど)
+20%程度(自己資金)+5~8%程度(諸費用)


となります。

住宅の本体価格が消費税込みで
3000万円の家ならどうなるかというと、


3000万+150万円=3150万円


消費税5%が別なら
3150万円+150万円=3300万円
です。


住宅の本体価格の20%を自己資金として、
その他に5%程度の諸費用を
あわせた頭金を用意して、
のこりの80%分を住宅ローンを
利用するのが一般的な目安です。



つまり、住宅の本体価格が
3000万円の家なら20%の600万円、
そして、諸費用が5%とすると150万円。


合計すると750万円が自己資金として必要となります。


一般的に家を建てるには、
住宅本体価格の頭金と諸費用が
必要になります。


どちらもあわせて25%ぐらいが目安になります。


ただし、頭金と諸費用だけでは家は建ちません。


金融機関から借り入れを行うことになるので、
毎月きちんと返済することになります。


「頭金0円でもOK」というところもありますが、
できるだけ頭金を用意して住宅ローンの額を
減らしておくといいですね。



住宅だけではなく、子育てにかかるお金や、
車にかかるお金など、生活するにはさまざまな
お金が必要になって来ます。


無理のない返済計画にしたいですね。


  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ