HOME > 家づくりブログ > 最高にいい家づくり講座 > いい家の条件を知る

いい家の条件を知る

こんにちは。酒井です。


夏休みはいかがお過ごしでしたか?


私はお墓参りに行ったり、
家族でバーベキューしたり、
終戦日には90歳になる妻のおじいちゃんが
沖縄で生き残った話を聞いたり、
バドミントンのスポ少の大会の引率をしたり、
何かと充実した夏休みになりました。


今日からまた頑張って行きますので、
よろしくお願いします。


今日のお話は、「いい家の条件」です。


● いい家の条件を知る


家づくりを、
車の購入にたとえるとわかりやすいので
考えてみたいと思います。


車を購入するときは、
何を基準に購入されているでしょう?


車の購入条件と、家を建てる条件は
似ていると思います。


大きな違いはというと、
車なら乗っている期間、
家なら住んでいる期間です。


他にもいろいろ違うところはありますが、
たとえているので細かいところはおいておきます。


その期間によってローンの額も違います。


それに性能やデザインも違います。


同じ車でも、いろんなメーカーの
いろんなタイプがあります。


私はおじいちゃんおばあちゃん、
娘2人と奥さんと私が乗るので、
最低で6人乗れる車にしたかったので、
1ボックスタイプのワゴンが1台あります。


それと仕事で使える小型の乗用車が1台です。


使う用途によって変わって来ます。


選ぶ時の判断基準は、さまざまだと思いますが、
好きか嫌いかも入って来ます。


あと、車を所有するのには、
いろんなニーズがあります。


たとえば、
エアコンがあるとか、
車の中でテレビが見たいとか、
ナビがあった方がいいとか、
バックライトモニターがあるとか、
クルーズコントロールがあると便利とか、
大きいのが1台あると何かと役に立つとか、
いろんな思いが詰まっています。


最近ではハイブリッドなどのエコな車が人気です。


車はただアクセルを踏んだら走るという
機能だけではなくなっています。


ここが車と家の購入条件が似ているところです。


家は、屋根や壁で雨風が防げて、
台所やトイレ、お風呂があるいうだけでは、
たんなる家でしかありません。


いろんなニーズを満たす必要があります。


たとえば、
丈夫で安心できる、
あたたかい、
部屋を大きくしたい、
キッチンが使いやすい、
お風呂が大きい、
エアコンがあるといい、
癒される、寛げる、
など他にもたくさんありますが、
いろんな思いが詰まっています。


欲しいものだけをすべて取り入れてしまうと、
バランスの悪い家になってしまいます。


あらかじめ条件を整理しておく必要があります。


といっても、この条件を整理するには、
「選択肢」がないと選ぶことができません。


なので、注文住宅にする場合には、
家づくりに必要な選択肢を知っておくことが必要です。


いい家の条件を見つけて、
知ることからはじまります。


家をどのように使いたいのか?


どんな機能が欲しいか?


など、家の条件を整理してみましょう。

  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ