HOME > 家づくりブログ > 最高にいい家づくり講座 > 500万円安い家

500万円安い家

500万円安い家


こんにちは、酒井です


家づくりをしていると
坪単価が高いとか安いとかを耳にします。


同じぐらいの大きさの家なのに、
価格が違うので、1坪当たりで考えると
高いとか安いという差が生まれてしまうのです。


高いとか安いで考えると
だいたいの人は安い方がいいと答えます。


私もできるなら安い方がいいです。


同じ大きさの家で考えた時に、
坪単価が高いとか安いという話になるのは、
ハウスメーカーで建てたときと、
そうでないときでくらべるからです。


私が建てさせてただいた家で、お隣さんが
ハウスメーカーで建てた家がありました。


ほぼ同じぐらいの大きさの家だったのですが、
坪単価にすると10万円以上、
金額にすると500万円以上安かったのです。


その価格の違いは、どこにあるのでしょう?


使っている材料の違いでしょうか?


見た目のカッコよさでしょうか?


ハウスメーカーと地元の工務店との差は、
価格の差ははっきりしています。


ブランドです。


たとえば、


ハウスメーカーで友人が建てたから。


テレビのコマーシャルでよく見るから。


大きい会社だから信用とか保証があって
安心感があるから。


など、広告などでよく知っているハウスメーカー
というのはすごい力があります。


ちなみに、ハウスメーカーというのは、
モデルハウスを持っていて、
全国的に営業活動をしている住宅会社のことです。


工務店というのは、地域に根ざしていて
住宅専門の会社です。


ハウスメーカーと工務店が建てた家は、
外見はそうは変わりません。


ただ、金額が驚くほどの差があります。


「信用と安心」のために
500万円を支払っているとしたら
どうでしょうか。


ちょっと考えてしまいませんか?


100万円や200万円程度なら
安心するために保険料と考えられるかもしれませんが、

その金額の差が500万から1000万円だとしたら
どうでしょうか?


小さな家が、もう一件持ててしまえる金額になってきます。


仮に同じ大きさの家が、500万円の差額だとすると
20年ローンで固定金利2%の場合で考えると、
月々の返済が2万5千円も違います。


家の金額よりも会社の名前(ブランド)で
決めてしまうとおこることです。


月々の借金が増えると、お父さんだけではなくて、
家族みんなの負担が増すのは当たり前です。


夫婦ゲンカが増える毎日になるかもしれません。


私も小さい頃から家づくりを見ているのですが、
夫婦ゲンカで多いのはお金に関することでした。


あなたにはそうなってほしくありません。


楽しい幸せに暮らすためにも、
しっかり考えておきたいことですね。



  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ