HOME > 家づくりブログ > 最高にいい家づくり講座 > 家庭崩壊の危機

家庭崩壊の危機

家庭崩壊の危機


こんにちは、酒井です。


無料スカイプ相談を受付ます。


詳しくは編集後記へ


今回の快適住宅論は「家庭崩壊の危機」です。



私は小さいころから家づくりを見ていますが、
中でも一番へこむのは家庭崩壊になることです。


へこむだけじゃすみませんが、
現実にそういうことがあるということを
小さい子どもの頃から体感しました。


私の父が建てた家ではない家の家族だったのですが、
そういう話を耳にすると、何か自分にできることが
あったのではないかと自分を責めてしまいます。


実際には自分は子どもで何もできないのですが、
とにかくへこんで記憶があります。


家庭崩壊というと、いろいろな状況があると思うのですが、
多くは住宅ローンが払えなくなってしまうとおこります。


あなたはどう思うでしょうか?


払えなくなったら仕方ない・・・


とか、


何とかなるさ・・・


とか、何かことばをかけてあげたくなるかもしれませんし、
何もなかったと無視してしまうかもしれません。


住宅ローンという名前ではあるのですが、
銀行というところからお金を借りているという
借金には変わりありません。


お金が払えなくなると、
家を手放さなくてはいけません。


家がなくなってしまうという状況になると、
家族の生活はどうでしょうか?


普通の生活をしてられなくなっているかもしれません。


お金という不安な要素が家族の中の誰かにおこると、
家族みんなに波及していきます。


たとえば、ご主人が不安だと感じていると、
奥さんや子どもたち、おじいちゃんやおばあちゃんまで、
広がります。


あっという間に家庭の雰囲気は変わってしまいます。


夫婦ゲンカが普段からおこるようになり、
安心、安全な環境ではなくなってしまうかもしれません。


すると、多くの場合は、奥さんが
子どもを連れて家を出て行ってしまいます。


子どもを守らなければいけないという
本能が働くからかもしれないです。


ご主人はその後、どうなるでしょうか?


よく聞くのは、病んでしまうということです。


病むというのは会社を休むようになるとか、
社会的なつながりをなくしてしまって
引きこもってしまったり、、、


暗くなってしまう話ですが、
男は意外と逆境に弱いということかもしれません。


冬山で遭難すると女性よりも
男性の方が早く死ぬといいます。


また「家を建てると一家の主が体調を崩す、病を患う」
という話もありますが、
これは心労のためだと言われています。


多額の資金繰り、ローン返済のプレッシャー、
急激な環境の変化で知らないうちにたまった
ストレスが原因で逝ってしまう人もいるかもしれません。


自分の人生のすべてをかけて建てた家が、
他人に持っていかれてしまったら
心臓の弱い人なら倒れているかもしれません。


友人から聞いたある会話です。


父親が倒れた時、親子ローンを組んでいた息子が叫びました。


息子「オヤジ!しっかりしてくれよ。

今死んだら、俺が困るんだよ!」


オヤジ「大丈夫だ。ローンは保険でチャラになるから」


息子「そうか・・・じゃあ、ひと安心だな。

早く言ってよ!」


笑うに笑えない悲しい親子の会話でした。


妻は出て行き、父は倒れて入院。


「家もない。お金もない。

それでも家族が一緒ならいいじゃないか!」


という、小さな願いさえも叶えられません。


すでに奥さんは、新しい恋人ができていて
修復不可能なレベルになってしまっていたら・・・


幸せな家族が、あるときから
あっという間に崩壊してしまうことがあるのです。


その家庭が崩壊してしまった本当の原因とは、
いったい何でしょう?


それは、家を建てると決めた時に、
はじまっていたのかもしれません。


ではまた!



■編集後記


メルマガ読者限定!

無料スカイプ相談を日頃の感謝をこめて開催します。


酒井とマンツーマンで1人20分のスカイプです。


酒井に質問してみたいこと

家づくりのこと、家庭のこと、仕事のこと、

メルマガのこと、お金のこと、

大好きなこと、ライフワークなど

テーマは自由です。

それでは、日程です。

1月28日(火)

午前の部
8:00から8:20
8:20から8:40
8:40から9:00


午後の部
18:00から18:20
18:20から18:40
18:40から19:00


1月27日(月)までにご予約ください。

お問い合わせご予約は直接メールを送ってください。

メールの送り先:
toshi@sa-design.com


メールタイトル:
「無料スカイプ相談について」


になります。よろしくお願いします。




  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ