HOME > 家づくりブログ > あったかいおうち > 20150821_体感ハウス進行状況

20150821_体感ハウス進行状況

こんにちは、酒井です。

現在、酒井工務店では裏磐梯で体感ハウスを建てています。

裏磐梯というと北塩原村にあるのですが、標高はおよそ830メートル。

高原の気候らしく、夏の昼間は暑くなりますが朝晩は涼しく湿度が高くなります。

冬は雪が多くて積雪量が2メートル以上あり、気温も氷点下10度を下回るほど低くなる寒い地域です。

裏磐梯体感ハウスは、この気候の中でもしっかりと暖かさを実感できる家として設計しています。

計算上は、通常の暖かいと言われる住宅の2倍以上の高断熱仕様となっています。

本当に暖かいのか?

それとも、、、、

冬に暖かいのはもちろんですが、夏場もからっと涼しくというのが特徴です。

パッシブハウスとしての機能を持った低燃費住宅として、エアコン1台で冷暖房を考えています。

完成は11月を予定しています。

宿泊もできる体感ハウスですから、実際に泊まってみて快適性を感じていただければと思います。

酒井

  • メルマガ快適住宅論
  • 家づくりブログ